無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 「花育」   

今日の読売新聞のくらし・教育面に掲載されていた記事に「花育」という言葉を見つけた。
小さい頃から花や自然に触れて、その大切さや感性を養うという。
素敵なことですね!
子供の頃の習い事といえば習字や生け花、算盤だった。
今、私がお世話になっているお花屋さんのアレンジメント教室には小学生が習いに来ている。
お母さんと一緒に来ているお子さんも待ち時間に花に触れている。
これがまた良い感じに花を入れるのよ。こういうのが感性なのかしら。
普段は花に対して「癒し」を求めてるけど、何かを「学ぶ」ことも大切なのね。
大人になった今でもこの「花育」は続けていきたい。

ふと、自分はフラワーアレンジメントを習い始めてどのくらい経つんだろうと思った。
先生が独立してからとしたら、10年。
その前からも習っていたから、11年ほどになるのかなぁ。
最初はデジカメなんてなかったから作品は一眼で撮って残していた。
それを切り貼りしてアレンジメント作品ノートを作る。
いつの間にかそれもデジカメで撮って残すようになった。
そしてパソコンのソフトを使ってポストカードサイズのアレンジメント作品集を作る。
便利、簡易だからとパソコンばかり使っているけど、
昔のノートを見て、フィルムで撮った作品と手書きの内容が新鮮に感じた。
[PR]

by unbouquet | 2006-10-17 10:43 | 思うこと

<< 秋に咲くひまわり 辞書を引く >>